今年は、都議選で露骨な刺客擁立などになって、
自民党に替わる勢力を目指す小池都知事。

公明党、民進党との選挙協力を模索しつつ、かがやけTokyoを軸に、
どこまで味方を増やすのかが
都政の安定を決めると言えよう。

公明党の候補23名の全員当選が希望であり、
党是としているため、
刺客のせいで落選されてはたまらない。

全候補当選が都政の安定のためには必要であり、
他党に負けるわけにはいかない。

共産党、自民党こそ議席を失えばいいと思う。

国政で自民党と連立しているからといって

都政での対応は、許せない。

徹底的にブラックボックスを暴き、利権にメスを入れるというなら、
小池与党の確保を優先するべきだと思う。

特に公明党を中心に据えた都政の安定を望む。