学校で、お金は手段だと教えられる。

昔は、物々交換が多かったせいで、気分などで価値が変わってしまう不平等な取引が多かったからだろう。

統一ルールでお金を介在することで平等に扱う。

というのが、お金の存在価値。

だが。

最近の経済をみると、本当に、市場原理で動いているかなと思うことが多い。

アウトレットや見切りが悪いとは言わない。

歓迎しているけど、時間が経ったから割り引きなんて、市場原理にないんじゃない?

メーカーは、直接的に消費者に売れないから、問屋や小売店に仕事を委託しているわけで、

委託のコストダウンができるもんなら、利益のことを考えたらやりたいに決まってる。

宅配や、代金引換などのシステムが整ってきたからこそ、うまく活用するべきだと思うし、宝の持ち腐れにするのもどうかなと。


ホントに欲しがっている人に届くように、考え直してほしいな。