役所の不祥事は、民主党の失政だ。 生活保護担当者は、ヤクザばかり。 本気ではないことの象徴だ。 国民を保護しようとしない役所の人間は、減給ではなくクビ。 大阪市の財政を圧迫しているとほざいてる橋下市長の脳みそは腐ってるとこの部分ではサポーターでも思う。 実際に、大都市では大阪は仕事が少ない。 保護されるべき人間が多くなるのもやむを得ない。 努力をしない行政が問題だ。 何日か前に書いているが、東京でも同様。 ミスマッチを解消するためには、その仕事を与えること。 希望する職種に無条件で就かせることである。 自分が就職したから言うわけではない。 この仕事は天職ではないと思っているからだ。 やりたいという人間がいるなら譲ってやってもいい。 サポーターがいない。 本気で生活したいと思っている声なき声を拾え。 拾えない行政、なかんずく、民主党は早く解散せよ。