僕としては、民主党の大敗、消滅と事実上道州制へのピコうはセットだと思っている。 大阪維新が主張を始めたからではない。 元々、公明党は、首相公選制を提言している創価学会名誉会長池田大作氏の手弁当で造られた政党。 社民党や、共産党のようなイデオロギーありきの政党や、自民、民主という、どっかの意見だけを聴く偏った政党ではない真の庶民で立ち上げた政党である。 故に、大阪維新が国の形を本気で変えるつもりであれば、是々非々で対応するのだろうと思うし、協力していかなければいけないのだと思う。 民主党が大敗して消滅すれば、道州制へ大きく前進する。 次期衆議院総選挙は、「消費税増税・Yesか、Noか」、「道州制移行YesかNoか」の選挙になって欲しい・・・