どうつながったらそうなるのかと首を傾げるだろう。
しかし、誤解を恐れずに言いたい。
「民主党が政治を混乱させたせいで、結果的におきた事件だ」といって良い。
秋葉原でおきた通り魔事件は、結果的に経済を麻痺させ、秋葉原という街を破壊しようとした明らかなテロでありこのような行為を起こした輩は、斬罪されてしかるべき。
しかし、このような事態を引き起こしたのも元はといえば、民主を圧勝させ政治を混乱に追い込んだ国民一人一人の責任であるし、一人一人が「加害者」のほう助をしたといって良いのではないだろうか。

とすれば、責任は、政治の混乱を招いた民主党でありこのような政党にはお引取り願うまで。

ましてや、民主党の中央と地方組織の乖離は明白。
地方議会の民主党は、神奈川で言えば「与党会派」なのに、予算がこないとか平気でぬかすようないい加減そのものではないか。

このような政党をのさばらすわけには行かない。
今日の沖縄県議会選挙も気になるが、民主に投票するような人間は間違いなく非国民でありテロリストだ。